(2002〜04年)    新kawama.jpはこちら
コンテンツ
一般
ブックレビュー
雑記帖
合資会社清算
オラクルマスター
ゲームレビュー

技術関連
Linux
MySQL
Oracle
Zope

ツール

リンク

無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

梟の城

作成:2004/12/25, 最終更新:2004/12/25



映画化もされた司馬遼太郎の直木賞受賞作。
忍者という浮世離れした職業の持つ、儚さや残忍さ、合理性やプロ意識、それに加えて登場人物たちが感じる忍者としての生き方に対する葛藤などが見事に描かれており、読んでいるうちに自然と登場人物たちに感情移入し、戦国に生きた忍者たちの気持ちを深く感じることができました。小説として非常におもしろい一冊です。

ただ、おしむらくは登場する忍者たちの超人的なアクションに現実味が感じられなかった点です。どんなに訓練を積んでもさすがにここまでは無理だろう、、、という気持ちをずっと抱き続け、読み終えてもそれが残ってしまった点が少し残念です。


いずれにしても小説としては読み応えあり、おもしろいことは間違いありません。結構ボリュームがありましたが一気に読み終えました。司馬遼太郎の代表作だけある一冊です。


▼amazonリンク
cover


トップ | ブックレビュー |