kawama.jp

PEARのPagerクラスを使う

カテゴリ: PHP — タグ: , — 2006年11月7日 11:30 — Comments (0)hatebu count

「前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ」

↑こういう感じのページナビゲーション、いわゆるページング処理を手軽に実装できるのがPEAR::Pagerです。実際使ってみたんですが、かなり便利です。

基本的な使い方は「pear pager」などでググると有用なページがいくつも見つかるのでそちらを参考にするといいと思います。というよりもむしろ実際に試して体で覚えるのがいいと思います。すごく簡単なので。

ちなみにこのページング処理、検索エンジン対策としてPATH_INFOにも対応できるといいな、、、って思っていたら、やってる方がいました。

http://project-p.jp/halt/anubis/blog_show/469

こちらを参考に実装してみました。


<?php

/*** pager.php ***/

//PATH_INFOから現在のページを取得
$tpath = explode("/", $_SERVER['PATH_INFO']);
array_shift($tpath);
if($tpath[0]){ $current_page = $tpath[0]; }else{ $current_page = 1; }

require('Pager/Pager.php');
require('Smarty/Smarty.class.php');

$smarty = new Smarty;
$smarty->template_dir = './smarty/template';
$smarty->compile_dir  = './smarty/template_c';

//ページング処理
$params = array(
    "perPage" => 5,
    "totalItems" => 100,
    'mode' => 'Sliding',
    'delta' => 2,
    'path' => 'http://localhost/pager/',
    'currentPage' => $current_page,
    'fileName' => '%d',
    'append' => false,
    'altPrev' => '前のページ',
    'altNext' => '次のページ',
    'altPage' => 'ページ',
    'firstPageText' => '最初',
    'altFirst' => '最初',
    'lastPageText' => '最後',
    'altLast' => '最後',
    'extraVars' => array("a" => 1),
    'showAllText' => 'show all',
    'importQuery' => true
    );
$pager = Pager::factory($params);
$navi = $pager->getLinks();
$smarty->assign("pageNavi",$navi['all']);

$smarty->display("pager.tpl");

?>


{** pager.tpl **}

<html>
<body>

{$pageNavi}

</body>
</html>

実は extraVars とか、いまいち動作がよく分からない変数があるんですが、その辺はあまり深く追求せずに使ってます。こういうのは自作しないでライブラリ使ったほうが絶対いいので、一度試してみる価値はあると思います。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress