kawama.jp

Windowsでシンボリックリンクを使う

カテゴリ: 技術関連 — タグ: — 2007年2月17日 21:23 — Comments (0)hatebu count

Windows上で動作する開発環境ツールxamppにPerlのアドオンツールがあるのを知ったので、早速入れてみました。

インストールは超簡単。インストーラをDLして次へ、次へ、次へ、、、をやるだけ。httpd.confも勝手に書き換えてくれます。

このままスンナリ行くかな、と思っていたけど、問題発生。

アドオンツールでインストールされるPerlのパスが「C:\xampp\perl\bin」なのです。

UNIX上で作ったcgiはみんな「#!/usr/local/bin/perl」とか「#!/usr/bin/perl」なので、このままでは動かないのです。当たり前ですが。

こんなときUNIXならシンボリックリンク一発で解消ですけど、Windowsにはシンボリック機能がない。(ショートカットはあるけど、シンボリックリンクとしては使えない。)

うーん、困った。cgiファイルを一個ずつ開いて一行目を修正するのなんて絶対やりたくないし・・・

そこでグーグルで調べてみたら、Windowsでシンボリックリンクを作成できるツールを発見しました。

リンク作成シェル拡張 for Windows 2000/2003/XP
http://eside.homeip.net/free/symlink2k.html

上記サイトが閉鎖してしまったので、ベクターへのリンクを張っておきます。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se184746.html

さっそくインストール。そして「C:\xampp\perl\bin」へのシンボリックリンクを「C:\usr\local」に作成すると、、、CGIが動いた!!

普通にWindowsをクライアントとして使う上ではシンボリックリンクは必要ないと思いますが、知っておいて損はないと思います。

ちなみに、WindowsVistaではシンボリックリンクは標準装備なんだそうで、将来的にはこのツールも必要なくなりそうです。もっとも、Vistaに乗り換えるのはいつになるかわかりませんけど。

最後に。このツール付属の右クリックメニューはすごく便利です。ファイルのフルパス名をクリップボードに入れてくれたり、選択したフォルダでコマンドプロンプト開いてくれたりなどなど。かゆいところに手が届くツールだと思います。かなりの優れものです。

ツールの使い方
1.シンボリックリンクを作りたいファイルやフォルダを右クリックドラッグし、シンボリックを作りたいフォルダへドロップ
2.表示されるメニューから[リンクを作る(L)]を選択する

忘れやすいのでメモしておきます。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress