kawama.jp

selinuxを無効にする

カテゴリ: サーバー — 2007年10月2日 10:05 — Comments (0)hatebu count

CentOS4.5をインストールすると、selinuxというのがもれなくインストールされます。(インストール時のオプションだったかも)
selinuxについてまったく知らなかったので、軽く調べてみました。
selinuxは「Security Enhanced Linux」の略で、セキュリティを高めるためのものだそうです。しっかり設定すると堅固なセキュリティを組むことができるんだそうです。
なるほど、機会があったらしっかり勉強してみるのもいいかもしれないな、、、とは思うんですが、いまのところまだあまり普及していない様子。また、きちんと理解しておかないとトラブルが起こった時の原因の切り分けにおいて手間がかかってしまうそうです。
導入するのは時期尚早かな、、、という感じ。
というわけで無効にすることに。

# vi /etc/selinux/config
SELINUX=enforcing
 ↓
SELINUX=disabled

これで再起動後にはselinuxは無効になります。
再起動せずに無効にしたい場合は、

# /usr/sbin/setenforce permissive

でOK。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress