kawama.jp

サーバーのUSBメモリを自動マウントにする

カテゴリ: サーバー — 2008年3月3日 11:14 — Comments (1)hatebu count

うちの自宅サーバーにはUSBメモリが2本刺さっていて、バックアップ用に使ってます。OSはCentOS4です。

サーバーなので滅多に再起動しないんですが、最近カーネルパニックで落ちたりしており、その都度USBメモリをマウントするのが面倒に感じていました。
そんなわけで自動マウントにすることにしました。

さっそく/etc/fstabをのぞいてみると、すでに記述がありました。

/dev/sdc1 /media/usbdisk ext2 pamconsole,noatime,sync,exec,noauto,managed 0 0
/dev/sdb1 /media/usbdisk1 vfat pamconsole,noatime,sync,exec,noauto,managed 0 0

最近のディストリビューションだと、USBメモリを刺した時点で既にfstabにこれらの記述をしてくれるみたいです。便利だ。

調べてみたところ、noautoが自動マウント拒否の指定のようなので、ここを削除して再起動。すると無事マウントされてました。これでよし、と。

1件のコメント »

  1. […] この辺参考。 http://kawama.jp/archives/2005/12/linuxusb.html http://kawama.jp/archives/2008/03/usb.html […]

    ピンバック by 自宅サーバー再構築メモ « kawama.jp — 2011年12月23日 @ 19:31

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress