kawama.jp

Oracleで改行コードを扱う

カテゴリ: 技術関連 — 2008年10月30日 17:28 — Comments (1)hatebu count

CR は CHAR(13)

LF は CHAR(10)

CR+LF は CHAR(13)||CHAR(10)

update TABLE set COLUMN = replace(COLUMN, CHR(10), ”)

↑は、該当カラムの改行をすべて取り除く、という処理になります。

http://www.shift-the-oracle.com/element/literal-string-number.html

1件のコメント »

  1. 参考になりました。

    CHARではなくCHRですよね。

    コメント by guest — 2012年7月4日 @ 14:45

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress

css.php