kawama.jp

SQLチューニングのヒント

カテゴリ: MySQL — 2009年12月28日 17:54 — Comments (0)hatebu count

対象RDBMSはMySQL。

2000行くらいのテーブルと10000行くらいのテーブルを結合するSQLが、実行時間が10秒くらいかかっており、これを解消しようとしてました。

で、いろいろいじってみたところ

... from hoge h left outer join fuga f on h.id = f.id and h.yyyymm = 200912

とやっていたのを、

... from hoge h left outer join fuga f on h.id = f.id and h.yyyymm = '200912'

という具合にシングルクォートで囲ってみたところ、実行時間が0.3秒と、劇的に速くなりました。

カラムyyyymmはvarchar型です。他にもいろいろいじってましたが、どうもこのシングルクォートが遅さの決め手だったと思われます。

チューニングは地道な作業ですが、これまでの経験を振り返ってみるととにかく気になることは試してみると、活路が開けるような気がします。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress

css.php