kawama.jp

photoshopで「保存されるファイルの中に、ラテン文字以外の文字が含まれています…」の警告メッセージ

カテゴリ: 技術関連 — タグ: — 2011年1月13日 21:00 — Comments (0)hatebu count

たまにphotoshopを使うんですが、ファイルを保存するときにいつも「保存されるファイルの中に、ラテン文字以外の文字が含まれています。これらのファイル名と互換性のない Web ブラウザやサーバがあります。」というアラート(?)メッセージが表示されます。

特に不具合もないので無視してましたが、ちょっと気になったのでググってみました。

答えはadobeのサイトに載っていました。

http://kb2.adobe.com/jp/cps/223/223753.html

ファイル名やフォルダ名、つまり保存するパスに2バイト文字が含まれているとこのエラーが出るようです。

ほぼ毎回エラーが出る理由が分かりました。

そして解決策は、

上記の警告メッセージを表示しないで保存するには、「ファイル名」、「保存先のフォルダ名」、「保存先のフォルダのパス名」に 2 バイト文字を含まないようにします。



とのこと。

設定などでは回避できないようです。。

かなりウザいですが、いまさらPC内のフォルダ名を変更するのも難しいので、ガマンするしかないようです。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress

css.php