kawama.jp

Youtubeにアップした動画が勝手に短縮され、早送りのようになる

カテゴリ: 技術関連 — タグ: , , , , — 2011年1月29日 21:02 — Comments (0)hatebu count

aviutlでエンコードした動画(H264,MP4)をYoutubeにアップすると、再生時間がおかしくなるという問題に遭遇しました。

具体的には、45秒の動画を投稿したのに、Youtubeに上がると12秒に短縮(?)され、再生してみると早送りのような状態になります。

ちなみに毎回発生するわけではなく、動画によって問題が起こったり起こらなかったりです。

他の人も同じような問題に直面してるようです。こちらのフォーラムを見つけました。

http://www.google.com/support/forum/p/youtube/thread?tid=3f2a52e55413b6a9&hl=ja

どうやらYoutubeがフレームレートをきちんと認識してくれないのが原因らしいです。

ベストアンサーを読みましたが、パラメータを見ても正直よくわからなかったです。そこでGUIのパラメータを見ながら色々試してみたところ、↓の画像の「ピラミッド参照化」を「none」にすることでうまくいくことがわかりました。

ひとまずこれで解決。
動画の編集やエンコードについてもしっかり勉強したいのですが、いかんせん時間がなく、場当たり対応ばかりです。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress