kawama.jp

Wake-on-LANでPCを起動する

カテゴリ: 技術関連 — タグ: — 2011年8月18日 20:00 — Comments (0)hatebu count

先日予算を少しオーバーして購入したEndeavorをさらに活用しようと思って、Wake-on-LAN(wol)で起動できるようにしてみました。

Wake-on-LANというのはその名の通り、LAN経由でPCを起動するというものです。

調べてみたら、Endeavorのネットワークアダプターはwolに対応してたので、設定してみました。

設定はBIOSとWindowsで必要です。

まずBIOS設定のそれっぽいところをEnabledに変更。

そしてWindowsでもネットワークアダプターの詳細設定のところの、それっぽいところを有効にします。

どちらも「それっぽいところ」という曖昧な表現ですみませんが、ググってみつけたwolの設定に関するページをいくつか見ても、表記が一定ではありません。

BIOSの種類、ネットワークアダプターのドライバーの種類によって表記がバラバラみたいです。なので「それっぽいところ」を自分で探すしかありませんでした。

ひとまずこれで設定完了。

あとはEndeavorに対してMagicPacketという、起動を命令する特殊なパケットを送ります。

最初MagicBootというツールでMagicPacketを送ったのですが、うまくいかず。

次にWake up On Lan Toolというツールを使ってみたら、見事に起動が成功しました。

何が悪かったのかよくわかりませんが、とりあえず成功です。

初めてPCが起動した時はちょっと感動しました。

これでVPNで自宅に繋げば、いつでもどこでもEndeavorを起動できます。

今のところwolの活躍の場はまだありませんが、たとえばpicasaに大量の写真をアップするというような時、時間のかかる処理をする時には必ず役にたってくれると思います。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress

css.php