kawama.jp

「inodes that were part of a corrupted orphan linked list found」エラーに遭遇する

カテゴリ: サーバー — 2011年11月21日 20:49 — Comments (1)hatebu count

自宅サーバーの調子が悪いのでリブートしたところ、起動しなくなってしまいました。

エラーメッセージは「inodes that were part of a corrupted orphan linked list found」とのこと。

inodeってことなんでファイルシステム関連でトラブってるみたいです。
さらに「/dev/mapper/なんたらかんたら」がおかしくなってるみたいなことも言われました。

とりあえずググってみたらfsckしろってことだったので、

# fsck

を実行しました。(オプションや引数は何も無し)

その後はよくわからないけど、yesを5~6回くらい繰り返し。
そしたら直ったみたいで無事起動してくれました。

ちなみに今回問題を起こしたハードはThinkPad R50e。たしか7~8年くらい前に買ったやつです。
OSはCentOS4。

さすがThinkPadだけあってよく頑張ってくれてますが、そろそろハードを変えたほうがいいのかもしれないです。

1件のコメント »

  1. […] く構築しなおしました。 これまでCentOS4+ThinkPad R50eで運用してましたが、少し前に不穏なディスクエラーが出てたこともあったので、CentOS5+let’s note CF-Y4に変えました。 ThinkPad R50eは […]

    ピンバック by 自宅サーバー再構築メモ « kawama.jp — 2011年12月23日 @ 19:31

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress