kawama.jp

Oracleのnvl関数(NULLを別の値に置換する)

カテゴリ: 技術関連 — 2009年4月10日 11:02 — Comments (0)hatebu count

select nvl(column_name, 'ヌル山') from table_name

これでcolumn_nameがNULLの場合、文字列「ヌル山」が返ります。

MySQLのifnullなんかの代わりに使えます。

http://www.shift-the-oracle.com/sql/functions/nvl-coalesce.html

ちなみにnvlは「Null Value Logic」の略だそうです。

関数の中でdistinctを使う

カテゴリ: MySQL — 2009年4月9日 13:15 — Comments (0)hatebu count

select count(distinct column_name) from table_name

こういう使い方もできるんですね。

MySQLのreplace構文

カテゴリ: MySQL — 2009年4月7日 15:38 — Comments (0)hatebu count

replace構文というのを最近知りました。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/replace.html

REPLACE は、もしテーブル内の古い行が PRIMARY KEY か UNIQUE インデックスの新しい行と同じ値を持っていれば、古い行は新しい行が挿入される前に削除されるという事以外、INSERT と全く同じように機能します。



ということです。

主キーかユニークキーがあるテーブルに対して、既存レコードがある場合はupdate、レコードがない場合はinsertしてくれるというもの。

特定テーブルに対してデータの更新をする際なんか、最高に便利なんじゃないでしょうか。

自分はこういう場合、まず最初に既存レコードがあろうがなかろうが全件insertして、その後もう一度全件update、という無駄なことをやってましたが、それがこのreplace文なら一発で済むというわけです。

まだ実戦で使ってはいませんが、かなり使えそうです。

ここにも詳しく書いてありました。

http://f32.aaa.livedoor.jp/~azusa/index.php?t=mysql&p=replace

追記

INSERT … ON DUPLICATE KEY UPDATE; というのもあるようです。

http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/insert.html

mysqlで文字列の末尾からスラッシュを取り除く

カテゴリ: MySQL — 2009年4月3日 14:18 — Comments (0)hatebu count

関数使って簡単にできないかな~と思って調べてみたら、こんな感じでできることが分かりました。

SELECT TRIM(TRAILING '/' FROM column_name) FROM table_name

trim関数はいろいろと使えそうなので覚えておこうと思います。

参考

http://d.hatena.ne.jp/hosikiti/20090312/1236825301

ie6でページ内リンクが効かない

カテゴリ: 技術関連 — タグ: , — 2009年4月1日 11:31 — Comments (1)hatebu count



<a href="#hoge1">hoge1</a>

<a href="#hoge2">hoge2</a>

<a href="#hoge3">hoge3</a>

...

<a name="hoge1"></a>

hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 

hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 

hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 

hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 hoge1 

...

<a name="hoge2"></a>

hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 

hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 

hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 

hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 hoge2 

...

<a name="hoge3"></a>

hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 

hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 

hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 

hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 hoge3 

こういう感じのページ内リンクが、ie6でのみ効かないという状況に遭遇しました。

厳密にはhoge1だけが有効で、hoge2,3が効かない、という症状です。

ググってみたところ、やはりie6のバグみたいです。

とりあえず、aタグの中が空だとうまく動かないという記事があったので、それにならってaタグの中に要素を入れてみたところ、うまく動くようになりました。

ie6ではclearを指定した要素の上マージンは0にする

カテゴリ: 技術関連 — 2009年3月23日 16:50 — Comments (0)hatebu count

floatを使ったレイアウトが原因不明の崩れ方をしており、「IE6 float 崩れる」でググってみたらこちらのページがヒット。

http://www.geocities.jp/multi_column/float/07.html

試しに「margin-top:0;」をしてみたら、見事解決。

普段はcssの一番最初に

*{ margin:0;padding:0;}

を指定してから書き始めるんですが、今回は既にある程度できあがったページを修正する仕事だったのでハマってしまいました。

こういうのはひたすら経験を積むしかないですね。

特定ディレクトリ以下のファイルを検索するLinuxコマンド(findとgrep)

カテゴリ: サーバー — 2009年3月6日 14:03 — Comments (0)hatebu count

特定ディレクトリ以下で

拡張子が.phpの

ファイル内に文字列「array_unique」がある

という条件のファイルを探すLinuxコマンドです。

ファイル名と該当する行を表示

find ./ -type f -name \*.php -print | xargs grep array_unique /dev/null

ファイル名だけ

find ./ -type f -name \*.php -print | xargs grep -l array_unique /dev/null

php5.2.9からarray_uniqueの挙動が変わるということで、このコマンドで検索してみました。

http://d.hatena.ne.jp/t_komura/20090228#1235808770

参考にしたページ

http://ryusai.hp.infoseek.co.jp/linux_cmd_grep.htm

http://www.ksknet.net/linuxai/find.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315866533


放送が受信できません E202

カテゴリ: 雑記帖 — 2009年3月3日 21:13 — Comments (0)hatebu count

BSデジタルを見ようとしたらこんな表示が出ました。

ググってみたらこれがひっかかりました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413667844

受信レベルが低いときに表示されるそうです。

今日は雪が降っているので、その影響かな。

加賀電子プロジェクター KG-PL105S

カテゴリ: 雑記帖 — 2009年2月26日 08:57 — Comments (0)hatebu count

最近のプロジェクターは価格も手ごろで高性能ですね。


エクセルでセル内の改行を消す

カテゴリ: 技術関連 — 2009年2月25日 16:16 — Comments (0)hatebu count

「Ctrl+J」で検索・置換

http://www.relief.jp/itnote/archives/000248.php

CLEAN関数

http://www.relief.jp/itnote/archives/000221.php

Copyright (C) 2002 - 2017 kawama All Rights Reserved. — Powered by WordPress

css.php